海外情報紹介 オーランド国際空港では周辺地域の住民が増えるにつれて騒音苦情が増大

Orlando airport noise likely to shift paths — complaints too, 25 Feb 2018
URL: http://www.orlandosentinel.com/classified/realestate/os-bz-orlando-airport-noise-20180225-story.html
オーランド空港の騒音対策: https://orlandoairports.net/about-us/#noise-abatement
 米国フロリダ州オーランド市にあるオーランド国際空港(IATAコードMCO)はここ2年間、年間約145世帯から苦情を出されている。昨年7月までの1年間に苦情件数は4倍を超え、9,700件を超えた。また、ひっきりなしに苦情を申し立てている世帯が数世帯あるらしい。米国で13番目に規模が大きく成長の速いオーランド空港では、空港から5~10マイル内の地域社会の住民数が増加して騒音被害が悪化した。従来の近隣地域であるConway地区の外側、空港の北方15マイルにあるWinter Parkに住む弁護士は最近、自宅上空を旅客機が1時間に24機通過するのを経験し、その時記録されたデシベルレベルが掃除機の範囲の騒音レベルであることから、従来より低い高度で航空機が飛行していることを確信している。Central Floridaで最も不動産がよく売れるLake Nonaや、Osceola郡のConway、Rio Pinar、Fells Coveでも苦情が増加している。連邦政府のNextGenプログラムによってオーランド空港の飛行経路が統合されるにつれ、これからの数年間にさらに変化が起きるだろう。約30の米国商圏で展開されているNextGenプログラムによって飛行経路直下に住む人々に騒音が集中する可能性はあるが、「一般的に」大多数の住民は騒音から解放されていると米国連邦航空局(FAA)は主張している。フェニックスでは、3年前にFAAがNextGenプログラムの下で飛行経路を変更してから歴史的地域や公園上空の航空交通量が300パーセント増加した。その変更が厄介な内容で、ほとんど告知がなかったことから、米連邦控訴裁判所は8月に、フェニックス当局が以前の飛行パターンに戻すのを認めた。2ヶ月前にメリーランドでは、司法長官が州内におけるNextGenの影響についてFAAを訴えるため法律事務所を雇った。