海外情報紹介 アムステルダム・スキポール空港の騒音悪化で周辺住民が訴訟を検討

Local residents sue Schiphol over failing noise management, 3 Apr 2018
URL:https://nltimes.nl/2018/04/03/local-residents-sue-schiphol-failing-noise-management
 アムステルダム・スキポール空港周辺住民は空港を相手取って訴訟を起こそうとしている。人間環境・交通査察団の広報担当者によれば、彼らは適切な騒音監視や違反の処罰を希望している。査察団によれば、現在は2015年に実施されたnew standards and enforcement systemに従って違反に係わる監視及び記録が主に行われているが、現在のところ空港は違反について処罰されていない。それは新制度の規則がまだ正式な法的拘束力を持たないからである。地域住民は違反に対する措置を講じるよう裁判所から査察団に命令を出させようとしている。新制度導入以降査察団が記録したスキポール空港の騒音違反がどの程度の数なのかは不明である。ここ数年間スキポール空港の離着陸回数は顕著に増加し、2020年までの間で設定されている年間50万回の上限に近づいている(空港の統計によれば2012年の423,407回が2017年には496,748回に増加)。