海外情報紹介 ヒースロー空港第3滑走路増設を推進するための下院交通委員会の提言

Airports National Policy Statement, Third Report of Session 2017-19, House of Commons Transport Committee, HC 548, 163p, 23 Mar 2018 (英国下院の交通委員会報告書)
交通委員会の関連サイト: http://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/transport-committee/news-parliament-2017/airports-national-policy-statement-report-published-2017-19/
交通委員会による意見聴取と証言の取り調べ: https://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/transport-committee/inquiries/parliament-2017/airports-nps-17-19/
関連記事: http://www.bbc.com/news/business-43505016

海外情報紹介 ボストン・ローガン空港では騒音軽減のための進入・出発方式の変更の可能性を検討

Block 1 procedure recommendations for Logan Airport community noise reduction, Dec 2017, Report No. ICAT-2017-08, 70p, MIT International Center for Air Transportation(ICAT)
報告書ダウンロード: https://dspace.mit.edu/handle/1721.1/114038
関連記事: https://futurism.com/noisy-airplanes-low-tech-solution/

海外情報紹介 空港に関する国家政策声明案と夜間飛行についての決定(運輸大臣による議会に対する書面ステートメント要旨)

URL:https://www.gov.uk/government/speeches/update-on-the-airports-nps-and-a-decision-on-night-flights

  1. 2016年、英国政府は、南東イングランドの空港容量拡大のため、ヒースロー空港北西滑走路新設を提案した。その理由は、騒音軽減策・補償策とともに「空港に関する国家政策声明(NPS: National Policy Statement)案」に示されている。NPSに関する意見聴取は2017年2月から5月まで実施し、70,000を超える回答が寄せられ、現在分析中である。分析に関する最新情報は、夏季休暇後の議会で提供するが、NPS最終案は2018年上半期に議会に提案し、下院での議決を得たいと考えている。
  2. 本日(2017年7月13日)、今年初めに実施したロンドン3空港(ヒースロー空港、ガトウィック空港、スタンステッド空港)における新規の夜間飛行体制に関する意見聴取に対する対応を発表する。新規の規制は、3つの空港での法的に容認される騒音の総量を削減することにより、より静かな航空機の使用を奨励し、地域住民が曝される騒音レベルについて5年間保証するものである。この決定は政府の本気度を示すシグナルとして見られるべきであり、拡張後のヒースロー空港でも夜間6.5時間の定期便禁止を望むのはそういう訳である。また、我々は、航空業界がより静かな航空機・運航に投資するよう誘導するため何ができるか(更なる立法化も含め)検討する。

海外情報紹介 ヒースロー空港による排出ガスと夜間騒音成績の評価基準を追加した新しいFly Quiet and Cleanについて

 ヒースロー空港は、空港を利用するエアラインのうち運航便数の多い上位50社について独自の項目で評価し、なるべく騒音影響の少ない機材を騒音影響の少ない運航方式で、騒音影響の少ない時間帯に運用してもらうための動機付けとして2013年以降3ヶ月ごとにFly Quiet表(league table)を公表してきた。2017年1月以降、それに排出ガスの評価項目が加わりFly Quiet and Clean表となった。排出ガスの評価項目として航空機が使用するエンジンの型式(CAEPスコア)と、座席あたりのNOx排出量で表す航空機の効率(NOx/seatスコア)*が加わった。また、夜間の運航便数を減らすための取り組みの一環として、そして地域住民にとって予想外の時間帯に航空機が飛ぶ機会を減らすため、pm11:30~am4:30の間の予定外の運航を評価する項目が加わった。

海外情報紹介 海外主要空港の環境対策の最近の動向(ドイツ・フランクフルト空港)

 フランクフルト空港を運営しているフラポート(Fraport AG)は年に1回Sustainability Reportを公表している。2017年5月10日、英語版の「2016 コンパクトレポート( Gute Reise! We Make It Happen )」*が公表された。同レポートではフラポートの新たな使命に関する声明や、企業ビジョン、騒音軽減取り組み等が紹介されている。そこで、騒音軽減の取り組みとしてGBAS導入促進や騒音・飛行監視システムについて概略を紹介する。

海外情報紹介 ACI- NA (国際空港協議会北米支部)によるミネアポリス・セントポール・メトロポリタン空港委員会(MAC)の表彰

 空港の事業者団体であるACI-NA(国際空港協議会北米支部)は1997年から環境管理、環境負荷の軽減、奉仕活動や教育や地域社会参加、革新的な/特別なプロジェクトによるずば抜けた功績を認める空港を表彰している。今年表彰されたのはマイアミ国際空港(環境管理賞)、インディアナポリス空港当局(社会奉仕・教育・地域社会への貢献賞)、ミネアポリス・セントポール・メトロポリタン空港委員会(MAC)(特別/革新プロジェクト賞)、ビリー・ビショップ・トロントシティ空港(軽減賞)の4空港であった。

海外情報紹介 航空による大気質への負荷への取り組みに関する英国産業グループSustainable Aviation*の報告書の公表

 2017年1月18日−英国では、都市部の大気質問題はますます論争を呼ぶ問題となり、ロンドン周辺の航空交通容量の拡張に関する議論においては地域の大気汚染物質レベル上昇の可能性に不安が集中している。航空関連産業グループSustainable Aviation (SA)は今回、英国空港の空港内及び周辺の大気質と、航空部門による大気汚染影響軽減対策に関する報告書を公表した。SAによれば、英国では窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量全体に占める航空部門の排出量の割合はごくわずかだが、空港によっては周辺の大気質のレベルが健康のための目標レベルを超えている。そのため大気質は英国政府と航空産業にとって特に重要性が高いとSAは主張し、今回の報告書ではNOxとPM排出物削減のための様々な取り組みを取り上げ、正しい政策支援があればさらなる削減が可能になるいくつかの分野を示している。

海外情報紹介 着陸料という動機付けによりエアラインは排出物の少ない、音の静かな新型航空機を運用しているとヒースローは主張

原記事:
http://www.greenaironline.com/news.php?viewStory=2307
  英国ロンドンのヒースロー空港では2013年5月30日に公表された騒音削減方策「A Quieter Heathrow」に沿ってFly Quietプログラムが実施されています。このFly Quietプログラムというのはヒースローでの騒音実績によってエアラインをランク付けし、四半期ごとに公表するというものです。このFly Quietの番付表では、年間にヒースローを離着陸する運航便数で上位50位に入るエアラインを6つの騒音指標で比較し、それぞれの指標の黄色はそのエアラインがヒースローの要求する最低限度の目標を達成したこと、緑はそれより成績優秀であること、赤は最低限度の目標に達していないことを示します。赤がある場合は空港がそのエアラインと密接に連携して能力改善を目指すそうです。
 ヒースロー路線は概して強い競争力があり、上級の運賃を支払う多くの旅客を引きつけるので、エアラインは最新型の音の最も静かな航空機をヒースロー路線に投入する傾向があるそうです。分析によればエアラインが国際線で運航する機材の中でも平均して約15%音が静かな機材がヒースロー路線では使われているそうです。
 2016年第3四半期のFly quiet番付表に関する記事がgreenaironline.comに掲載されましたので、ご参考までに翻訳を掲載します。