ヒースロー空港第3滑走路増設を推進するための下院交通委員会の提言

Airports National Policy Statement, Third Report of Session 2017-19, House of Commons Transport Committee, HC 548, 163p, 23 Mar 2018 (英国下院の交通委員会報告書)
交通委員会の関連サイト: http://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/transport-committee/news-parliament-2017/airports-national-policy-statement-report-published-2017-19/
交通委員会による意見聴取と証言の取り調べ: https://www.parliament.uk/business/committees/committees-a-z/commons-select/transport-committee/inquiries/parliament-2017/airports-nps-17-19/
関連記事: http://www.bbc.com/news/business-43505016

海外情報紹介 空港に関する国家政策声明案と夜間飛行についての決定(運輸大臣による議会に対する書面ステートメント要旨)

URL:https://www.gov.uk/government/speeches/update-on-the-airports-nps-and-a-decision-on-night-flights

  1. 2016年、英国政府は、南東イングランドの空港容量拡大のため、ヒースロー空港北西滑走路新設を提案した。その理由は、騒音軽減策・補償策とともに「空港に関する国家政策声明(NPS: National Policy Statement)案」に示されている。NPSに関する意見聴取は2017年2月から5月まで実施し、70,000を超える回答が寄せられ、現在分析中である。分析に関する最新情報は、夏季休暇後の議会で提供するが、NPS最終案は2018年上半期に議会に提案し、下院での議決を得たいと考えている。
  2. 本日(2017年7月13日)、今年初めに実施したロンドン3空港(ヒースロー空港、ガトウィック空港、スタンステッド空港)における新規の夜間飛行体制に関する意見聴取に対する対応を発表する。新規の規制は、3つの空港での法的に容認される騒音の総量を削減することにより、より静かな航空機の使用を奨励し、地域住民が曝される騒音レベルについて5年間保証するものである。この決定は政府の本気度を示すシグナルとして見られるべきであり、拡張後のヒースロー空港でも夜間6.5時間の定期便禁止を望むのはそういう訳である。また、我々は、航空業界がより静かな航空機・運航に投資するよう誘導するため何ができるか(更なる立法化も含め)検討する。

海外情報紹介 ヒースロー空港による排出ガスと夜間騒音成績の評価基準を追加した新しいFly Quiet and Cleanについて

 ヒースロー空港は、空港を利用するエアラインのうち運航便数の多い上位50社について独自の項目で評価し、なるべく騒音影響の少ない機材を騒音影響の少ない運航方式で、騒音影響の少ない時間帯に運用してもらうための動機付けとして2013年以降3ヶ月ごとにFly Quiet表(league table)を公表してきた。2017年1月以降、それに排出ガスの評価項目が加わりFly Quiet and Clean表となった。排出ガスの評価項目として航空機が使用するエンジンの型式(CAEPスコア)と、座席あたりのNOx排出量で表す航空機の効率(NOx/seatスコア)*が加わった。また、夜間の運航便数を減らすための取り組みの一環として、そして地域住民にとって予想外の時間帯に航空機が飛ぶ機会を減らすため、pm11:30~am4:30の間の予定外の運航を評価する項目が加わった。

海外情報紹介 海外主要空港の環境対策の最近の動向(ドイツ・フランクフルト空港)

 フランクフルト空港を運営しているフラポート(Fraport AG)は年に1回Sustainability Reportを公表している。2017年5月10日、英語版の「2016 コンパクトレポート( Gute Reise! We Make It Happen )」*が公表された。同レポートではフラポートの新たな使命に関する声明や、企業ビジョン、騒音軽減取り組み等が紹介されている。そこで、騒音軽減の取り組みとしてGBAS導入促進や騒音・飛行監視システムについて概略を紹介する。