一般財団法人 空港環境整備協会  
home
騒音振動に関する調査研究
大気環境に関する調査研究
環境保健に関する調査研究
文献資料の収集・保管
研修会の実施及び協力
業務実績
HOME
Japanese / English
騒音環境部
  • 「The treatment of noise contribution due to aircraft ground activities on an airport noise model」INTER-NOISE,2011,9
  • 「Study on noise abatement effect of CDA procedures available for airports in Japan」 INTER-NOISE,2011,9
  • 「Review of environmental measures for noise issues around defense facilities in Japan」 INTER-NOISE,2011,9
  • 「Improvement of the aircraft noise monitoring and information disclosure system at Narita International Airport in response to the revised guideline for aircraft noise」INTER-NOISE, 2011,9
  • 「The influence of ground surface conditions on long range propagation of heavy weapon noise」INTER-NOISE,2011,9
  • 「Alternative and supplemental noise metrics to A-weighted average sound level used for environmental noise assessment in Japan」INTER-NOISE,2011,9
  • 日本音響学会における研究発表
    (1)「砲撃音の長距離伝搬に対する地表面影響」山元一平、森長 誠、月岡秀文(防衛施設周辺整備協会)、牧野康一、横田考俊(小林理研)、山田一郎(空環協・航空環境研究センター)、比内友昭(防衛省)
    (2)「航空機騒音の予測における防音堤の遮蔽効果・地上騒音の寄与・気象影響の取扱い 方法」 山田 一郎、吉岡 序、菅原政之(空環協・航空環境研究センター)、篠原直明(成田空港 振興協会)[北海道・2010 - 10]
  • 日本音響学会における研究発表、山田一郎(空環協・航空環境研究センター)[大阪・2010 - 9]
  • 日本騒音制御工学会における研究発表シンポジウム「航空機騒音の予測」吉岡 序(空環協・航空環境研究センター)[新潟・2010 - 9]
  • 第39回国際騒音制御工学会/インターノイズ2010における研究発表
    (1)「AERCモデルとECAC Doc.29の騒音の計算方法の比較」 吉岡 序、山田 一郎(空環協・航空環境研究センター) [ポルトガル国・リスボン・2010 - 6]
    (2)地形と気象を考慮した重火器騒音の予測」 森長誠、月岡秀文(防衛施設整備協会)、山田 一郎(空環協・航空環境研究センター)[ポルトガル国・リスボン・2010 - 6]
    (3)「気象状態の発生確率を考慮した重火器騒音の長期平均評価」 森長誠、月岡秀文(防衛施設整備協会)、山田 一郎(空環協・航空環境研究センター)[ポルトガル国・リスボン・2010 - 6]
  • 日本音響学会騒音・振動研究会における研究発表(口演)「交通騒音に対する社会反応のばらつきに関するISO/TC43/SC1/WG45 の論議について」山田 一郎、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、森長 誠(防衛施設周辺整備協会)、加来治郎(小林理研)[2010 - 5]
  • 「音環境対策の視点からの空港隣接公園における利用者聞き取り調査」日本音響学会春季研究発表会講演論文集、2010.3
  • 「交通騒音に関する社会反応のばらつきに関する統計的検討」日本音響学会春季研究発表会講演論文集、2010.3
  • 「気象や地形の影響を考慮する航空機騒音予測モデル」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2009.9
  • 「ICAOにおける予測モデルの国際比較に関する話題」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2009.9
  • 「Balanced Approachの視点からみた航空機騒音対策の展望」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2009.9
  • 「航空機騒音の環境基準と測定評価方法の改定に係る考察」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2009.9
  • 「Aircraft noise prediction model taking meteorological and terrain effects into account」INTER-NOISE、2009.8
  • 「Review of environmental measures for mitigation of aircraft noise impact in Japan from the viewpoint of Balanced Approach」INTER-NOISE、2009.8
  • 「Effects of data loss due to noise contamination and lack of measurements on the monitoring of airport noise」INTER-NOISE、2009.8
  • 「Improvement of the Accuracy of an LAeq-Based Airport Noise Model」INTER-NOISE 2008.10
  • 「Validity of the Method of Estimating Long-Term Average Cumulative Aircraft Noise Exposure Based on Repetitive Short-Term Noise Measurements」INTER-NOISE 2008.10
  • 「防風スクリーンの風雑音低減効果の向上に関する研究」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2008.9
  • 「航空機騒音の短期測定に基づく年間平均騒音値の推計」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2008.9
  • 「飛行経路分散の実態と騒音予測に及ぼす影響」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2008.9
  • 「インターネットとGISを利用した社会調査手法の有効性について」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2008.9
  • 「航空機騒音の自動監視に関する国際規格の審議における論点あれこれ」2008.9
  • 「空港共生対応行動が騒音の社会反応に与える影響分析」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2008.9
  • 「砲撃音の長距離伝搬に及ぼす気象の影響」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2008.9
  • 「砲撃音の長距離伝搬に及ぼす地形の影響」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2008.9
  • Ldenを騒音評価量とする航空機騒音予測モデルの予測と実測の比較」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2008.9
  • 「気象や地形の影響を考慮する航空機騒音予測モデル−幾つかの異なる気象条件における予測と実測の整合性の検討−」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2008.9
  • Ldenを騒音評価量とする航空機騒音の予測」日本音響学会騒音振動研究会、2008.8
  • 「EUの資料等に見るLdenなどの測定による評価方法について」日本音響学会騒音振動研究会、2008.8
  • 「インターネット及び地理情報システム(GIS)を用いた交通騒音に係る社会調査手法」日本音響学会騒音振動研究会、2008.3
  • 「気象や地形の影響を考慮する航空機騒音予測モデル−地面の過剰減衰の考慮による予測と実測の整合性の向上−」日本音響学会春季研究発表会講演論文集、2008.3
  • 「シミュレーションの考え方に基づく航空機騒音予測と結果の可視化」日本音響学会騒音振動研究会、2007.10
  • 「Investigation of noise impact of aircraft engine run-up test at a domestic airport」ICA、2007.9
  • 「Recent progress in development of aircraft noise models Japan」ICA、2007.9
  • 「低周波音測定用防風スクリーンの風雑音低減効果の実験」日本騒音制御工学会秋季研究発表会、2007.9
  • 「気象や地形の影響を考慮する航空機騒音予測モデル−実測値との比較による妥当性の検討−」日本音響学会秋季研究発表会講演論文集、2007.9
  • 「Noise compatibilityの実践に向けた検討−空港周辺の土地利用を題材として−」日本音響学会騒音振動研究会、2007.6
  • 「気象や地形の影響を考慮する航空機騒音予測モデル」日本騒音制御工学会講演論文集、2007.3,航空環境研究、No.11.2007
  • 「空港周辺の公園における音環境についての考察」日本騒音制御工学会講演論文集、2007.3
  • 「PE法により気象の影響を考慮する航空機騒音予測モデルの基本的な考え方」日本騒音制御工学会講演論文集、2006.4
  • 「エネルギーベースの航空機騒音予測モデルの妥当性に関する検討」日本騒音制御工学会講演論文集、2005.11
  • 「航空機騒音予測手法の現状と課題」日本騒音制御工学会講演論文集、2005.11
  • 「航空機の等価騒音レベル予測計算における音源指向性の影響」日本騒音制御工学会講演論文集、2005.9
  • 「Investigation Effects of Sound Source Directivity on the Accuracy of Airport noise Prediction」InterNoise 2005.8
  • 「Recent Issues regarding Airport Noise and Struggling for Quieter Airport Environent in Japan」InterNoise 2005.8
  • 「航空機騒音評価量に関する実測に基づく検討」日本音響学会講演論文集、2004.9
  • 「WECPNL算定手順に関する環境庁方式との比較―実測に基づくLAとPNLの関係について」日本騒音制御工学会講演論文集、2004.9
  • 「Consideration to noise index for evaluating airport noise in Japan」Inter Noise 2004.8
  • 「Energy-based aircraft noise prediction model considering meteorological conditions」Inter noise 2004.8
  • 「Recent development on energy-based aircraft noise modeling in Japan」ICA、2004.4
  • 「Partnership for Noise Management between the Airport and Communities in Japan」ICA、2004.4
  • 「騒音の社会反応の測定に関する国際共同研究−日本語のうるささの程度表現語の妥当性と質問文の作成−」日本音響学会誌58巻3号、2002
  • an」ICA、2004.4
  • 「地上デジタルテレビ放送の航空機による遅延波障害の要因」航空環境研究、No.8.2004
  • 「等価騒音レベルに基づく航空機騒音予測モデルの開発について」日本音響学会講演論 文集、2004.3
  • 「Site selection for noise monitoring in areas on the site of airport」Inter noise 2003.8
  • 「等価騒音レベルに基づく航空機騒音予測の補正要因に関する検討と予測の考え方」航空環境研究、No.7.2003
  • 「地上デジタルテレビ放送の航空機による遅延波障害の予測」航空環境研究、No.7.2003
  • 「等価騒音レベルに基づく航空機騒音予測の補正要因に関する検討」日本騒音制御工学会講演論文集、2002.9
  • 「等価騒音レベルに基づく航空機騒音予測の考え方」日本騒音制御工学会講演論文集、2002.9
  • 「航空機騒音予測結果評価支援システムについて」航空環境研究、No.6.2002
  • 「新世紀初頭における交通騒音の見通しと環境対策のあり方」日本騒音制御工学会シンポジューム、2001.9
  • 「航空機騒音の予測をめぐるICAOの動向と予測精度向上の検討」航空環境研究、No5.2001
  • 「航空機騒音の予測における地面の過剰減衰と気象の影響」日本音響学会講演論文集、2001.3
  • 「屋外における空港騒音の自動監視と音源の同定」合同シンポジウム VS Tech 2001,2001.6
  • 「航空機によるテレビ電波障害の推定法」航空環境研究、No.4.2000
  • 「航空機騒音予測時の地面による過剰減衰の評価方法に関する考察」日本音響学会講演論文集、2000.9
  • 「航空機騒音の予測をめぐる最近の話題と予測精度向上の検討」日本騒音制御工学会講演論文集、2000.9
  • 「Evaluation and prediction of aircraft noise in Japan」日独音響学会ジョイントシンポジュウム、2000.3
  • 「航空機から排出される揮発性有機化合物の採取と測定」航空環境研究、No11.2007
  • 「パッシブサンプラーを用いた東京国際空港における揮発性有機化合物の実態調査」航空環境研究、No.9.2005
  • 「東京国際空港及びその周辺における浮遊粒子状物質の実態調査」航空環境研究、No.8.2004
  • 「揮発性有機化合物(VOCs)測定用パーソナルサンプラーの開発及び個人曝露量評価」日本分析化学会第52年会、2003.9
  • 「航空機の補助動力エンジン(APU)排出物の実測(2):亜酸化窒素、カルボニル化合物、粒子状物質等の測定結果」日本分析化学会第52年会、2003.9
  • 「航空機の補助動力エンジン(APU)排出物の実測(2):亜酸化窒素、カルボニル化合物、粒子状物質等の測定結果」航空環境研究、No.7.2003
  • 「揮発性有機化合物(VOCs)測定用パーソナルセンサーの開発及び環境大気測定による特性評価」日本分析化学会代51年回、2002.9
  • 「航空機の補助動力エンジン(APU)排出物の実測(1):主要大気汚染物質の測定結果」日本分析化学会第51年会、2002.9
  • 「航空機の補助動力エンジン(APU)排出物の実測(1):主要大気汚染物質の測定結果」航空環境研究、No.6.2002
  • 「関西国際空港開港時を含む大阪国際空港周辺の長期大気環境調査と解析」航空環境研究、No.5.2001
  • 「航空機排出物が地球環境に与える影響」(文献翻訳)、2000.12
  • 「東京国際空港及びその周辺における航空機排出物の影響の実態調査と大気拡散シミュレーション」航空環境研究、No.4.2000
  • 「航空機排出物が地球環境に与える影響」(文献翻訳)、2000.12
<論文>
  • 日本更年期医学会雑誌における研究発表(原著論文)
    「地域住民の女性の更年期世代における精神的健康の実態について」、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、久米美代子(東京女子医科大学)との共同研究、[2010 - 12]
  • 日本騒音制御工学会における投稿(解説)
    「うるささの標準尺度−アノイアンスとストレスの間−」、金子哲也(空環協・航空環境研究センター・杏林大学)、後藤恭一(空環協・航空 環境研究センター)、[2010 - 12]
  • 日本公衆衛生学会における研究発表
    「航空機騒音による精神的健康への影響に関する検討」、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、日本女子医科大学、杏林大学との共同研究、[東京・2010 - 10]
  • 日本更年期医学会における研究発表
    「更年期女性の血中エストラジオールと抑うつの関連」、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、村山より子(東京女子医科大学)、久米美代子(東京女子医科大学)、[鹿児島・2010 - 10]
  • International congress on Acoustics における研究発表(口演)
    「Factors affecting the harmonious coexistence of the airport and local communities.」Hisashi Yoshioka, Kyoichi Goto, Makoto Morinaga, Ichiro Yamada, Sonoko Kuwano, Seiichiro Namba、[2010 - 8]
  • 日本ウーマンズヘルス学会における研究発表(原著論文)
    「A市における母親の健康と児の発達との関連の検討」後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、村山より子、野口真貴子、久米美代子(東京女子医科大学)との共同研究、[2010 - 8]
  • 日本ウーマンズヘルス学会における研究発表
    (1)ストレス構造の性差に関する検討−(女性を対象とした精神的健康質問票)の男性への適用−(WMHI)、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)
    (2)女性一般住民の更年期世代における心血管系疾患のリスクに関する検討、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、[東京・2010 - 7]
  • 日本母性衛生学会における研究発表
    (1)ストレスの実態について、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)
    (2)女性研究者の研究支援の一考察、後藤恭一(空環協・航空環境研究センター)、[三重・2010 - 6]
  • 「カテゴリカル因子分析を用いたストレス尺度の開発と交差妥当性の検討-音環境も含めた各種リスク評価するための簡易尺度構築の試み-」日本音響学会 騒音振動研究委員会、2009
  • 「地域住民における更年期症状の実態」日本ウーマンズヘルス学会、Vol8.2009
  • 「女性を対象とした精神的健康質問票の開発(WMHI)」日本ウーマンズヘルス学会、Vol8.2009
  • 「脳神経外科・救急病棟における入院患者が不快に感じる夜間の音の研究」山梨大学看護学会誌、No7.2009
  • 「Dose-response relationship between aircraft noise and annoyance around an airport in Japan」 ICBEN 2008
  • 「ストレスプロセスの評価とその構造把握-妊娠期における特徴について-」日本ウーマンズヘルス学会、No7.2008
  • 「看護職の看護経験年数と専門的自律性獲得の実態に関する研究」日本ウーマンズヘルス学会、No7.2008
  • 「性教育に対する意識構造の把握と個人属性との関連性について」日本ウーマンズヘルス学会、No7.2008
  • 「睡眠影響を考慮した航空機騒音評価の展望」航空環境研究、No.11.2007
  • 「病棟看護師の職業性ストレス −看護業務とストレス、社会的支援の関連について−」日本看護学会論文集、2006
  • 「都市住民の主観的環境評価の構造解析III−“住み心地のよさ”に係わる各種環境要因について−」航空環境研究、No.8.2004
  • Choice of Japanese Modifiers in Noise Annoyance Scale under Exposures to White Noise. Journal of Sound and vibration Vol.277.2004
  • 「騒音アノイアンス、ストレス、健康影響」航空環境研究、No.7.2003
  • Noise annoyance, stress and health effects. Proceeding of Internet Symposium 2002. Airport Environment Research Center, June 2003
  • 「都市住民の主観的環境評価の構造分析」航空環境研究、No.6.2002
  • Distribution on blood pressure data from people living near an airport. Journal of Sound and Vibration. Vol.250,2002
  • 「騒音の社会反応の測定に関する国際共同研究−日本語のうるささの尺度の構成−」日本音響学会誌58巻2号、2002
  • 「騒音の社会反応の測定に関する国際共同研究−日本語のうるささの程度表現語の妥当性と質問文の作成−」日本音響学会誌58巻3号、2002
  • 「騒音の社会反応の測定に関する国際共同研究−日本語のうるささの程度表現語の年齢層間・地域比較−」日本音響学会誌58巻2号、2002
  • 「女子短大生における食生活習慣と健康に関する調査」日赤武蔵野短期大学紀要、2001
  • 「騒音評価に及ぼす主体要因II−精神状態とアノイアンスに関する検討−」航空環境研究、No.5.2001
  • Annoyance and mental health status of people around an airport in Japan. Proceedings of Inter Noise 2000.2000
  • 「航空機騒音の睡眠に及ぼす影響調査―睡眠ならびに睡眠に関する基礎調査―」航空環境研究、No.4.2000
   
<講演>
 
  • 「音環境対策の視点からの空港隣接公園における利用者聞き取り調査」日本音響学会 春、2010
  • 「交通騒音に関する社会反応のばらつきに関する統計的検討」日本音響学会 春、2010
  • 「女性一般住民更年期世代における心身的健康の実態」日本更年期医学会、2009
  • 「女性一般住民の精神的健康の実態について -更年期世代を中心に-」日本母性衛生学会、2009
  • 「女性を対象にした精神的健康質問票の開発 -確認的因子分析の適用-」日本母性衛生学会、2009
  • 「女性を対象にした精神的健康質問票(WMHI)の妥当性の検討」第8回日本ウーマンズヘルス学会、2009
  • 「都市住民の主観的環境評価と精神的健康について」日本公衆衛生学会(福岡)、2008
  • 「性教育感の形成に係る性教育のイメージと関連性について」第7回日本ウーマンズヘルス学会、2008
  • 「妊娠期におけるストレスの特徴について」第7回日本ウーマンズヘルス学会、2008
  • 「女性一般住民における精神的健康度の実態 -更年期世代-に焦点をあてて」第7回日本ウーマンズヘルス学会、2008
  • 「妊娠期におけるストレスの特徴について」 第10回日本母性看護学会抄録集、2008
  • 「空港と周辺地域との共生に関わる要因の検討(2)―空港ならびに周辺地域のイメージ評価に与える視覚的情報の影響―」日本音響学会春期研究発表会、2008
  • 「空港と周辺地域との共生に関わる要因の検討(1)−空港の利便性と環境保全に関する態度調査−」日本音響学会 春期研究発表会、2008
  • 「バンコク・スラム(クロントイ地区)における引用水の水質と使用の実態」日本公衆衛生学会(札幌)、2005
  • 「濾紙採血資料を用いたDot-ELISA法によるT.Cruzi感染症スクリーニング検査の有効性」日本公衆衛生学会(松江)、2004
  • 「韓国労働者の社会的支援と抑うつ状態に関する研究」第62回日本公衆衛生学会(京都)、2004
  • 「抗T.Cruzi抗体を用いたDot-ELISA法の確立とその有効性の検討」日本公衆衛生学会(京都)、2003
  • 「地域住民における食嗜好と心身指標の関連性について」日本ウーマンズヘルス学会(東京)、2003
  • 「妊婦における腹式帝王切開術に関する考察(第二報)」日本ウーマンズヘルス学会(東京)、2003
  • 「妊婦における腹式帝王切開術に関する考察(第一報)」日本ウーマンズヘルス学会(東京)、2003
  • A Study on Aircraft Noise Annoyance and Health around an Airport International commission biological effects of noise (ICBEN03)
  • Choice of Japanese Modifiers in Noise Annoyance Scale under Exposures to White Noise, The 5th Japanese -Swedish Noise Symposium or Medical effects (Kirishima)2003.5
  • 「韓国労働者の抑うつ状態によるストレス要因に関する研究」第61回日本公衆衛生学会(大宮)、2002
  • 「有機塩素系農薬によるマウス血清中交代産生への影響」第60回日本公衆衛生学会(高松)、2001
  • 「環境保全行動と個人属性、性格傾向、社会参加度及び教育歴の関連性について」日本公衆衛生学会(高松)、2001
  • 「女子短大生における健康意識と日常生活に関する調査」日本健康科学会(金沢)、2001
  • 「ダイオキシンの生態負荷とバイオマーカとの関連(第一報)」日本衛生学会(福島)、2001
  • 「ボリビア・サンタクルス郊外における検診データからの一考察」第59回日本公衆衛生学会(群馬)、2000
  • Annoyance and Mental Health Status of People around an Airport in Japan. Inter Noise 2000 (Nice),2000
  • Distribution on blood pressure data from people living near an airport. The 4th Japanese ?Swedish Noise Symposium on Medical effects. (Stockholm),2000
   
 
Copyright (C) 2006-2016 Aviation Environment Research Center All rights reserved.
航空環境研究センター
〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-1 留園ビル5階
TEL 03-6721-5271 FAX 03-6721-5272