海外情報紹介 ロンドン・ヒースロー空港第3滑走路増設に関する最終版NPSを英国政府が公表

Cabinet economic committee set for Heathrow 3rd runway decision, followed by Cabinet decision, followed by vote in Parliament within 21 working days, 5 Jun 2018
http://www.airportwatch.org.uk/2018/06/cabinet-economic-committee-set-for-heathrow-3rd-runway-decision-followed-by-cabinet-decision-followed-by-vote-in-parliament-within-21-working-days/
https://www.gov.uk/government/news/government-agrees-final-proposal-for-heathrow-expansion (交通省のニュース)
https://www.gov.uk/government/publications/airports-national-policy-statement (最終版NPSダウンロード)
https://www.gov.uk/government/collections/heathrow-airport-expansion (ヒースロー拡張関連資料ダウンロード)
 メイ首相が委員長を務める内閣の経済文化委員会で今日、物議を醸すロンドン・ヒースロー空港第3滑走路増設計画を英国が推進するためのNPS(英国政策綱領)が大臣らに承認されることになった。次に内閣全体で承認され、その後国会に示されて、国会の会期中の21就業日以内に投票にかけられる。選挙区の利害がかかっているために昔から反対を唱えている大臣らが地元で反対意見を言うのは認めるが、政府の決定にあからさまな反対を唱えることのないよう要請する文書をメイ首相が出したと政府筋は述べている。労働党は最近の選挙のマニフェストで第3滑走路増設を認めるには騒音、大気質、気候変動、経済成長に関する4つの評価基準が満たされねばならないと示唆していた。しかし、労働党を支持する最大の労働組合であるUniteは第3滑走路のもたらす雇用や経済成長や容量拡大の恩恵のために第3滑走路増設の確固たる支援者である。

追記:このNPSについては6月25日に下院で投票が行われ、過半数296のところ、賛成票415、反対票119で議会の承認が得られた。
https://www.gov.uk/government/news/government-sets-out-next-steps-for-heathrow-expansion (交通省のニュース)
http://www.airportwatch.org.uk/2018/06/heathrow-runway-after-being-voted-for-in-parliament-next-stop-court/ (関連記事)