一般財団法人 空港環境整備協会  
home
騒音振動部
大気環境部
環境保健部
文献資料室の図書・出版活動
研修会の実施及び協力
業務実績
HOME
Japanese / English
 

航空環境研究会

アーカイブ

データベース

キーワード検索


最近の記事

会員用メニュー

海外情報紹介 着陸料という動機付けによりエアラインは排出物の少ない、音の静かな新型航空機を運用しているとヒースローは主張 [海外情報紹介]

原記事:
http://www.greenaironline.com/news.php?viewStory=2307

 英国ロンドンのヒースロー空港では2013年5月30日に公表された騒音削減方策「A Quieter Heathrow」に沿ってFly Quietプログラムが実施されています。このFly Quietプログラムというのはヒースローでの騒音実績によってエアラインをランク付けし、四半期ごとに公表するというものです。このFly Quietの番付表では、年間にヒースローを離着陸する運航便数で上位50位に入るエアラインを6つの騒音指標で比較し、それぞれの指標の黄色はそのエアラインがヒースローの要求する最低限度の目標を達成したこと、緑はそれより成績優秀であること、赤は最低限度の目標に達していないことを示します。赤がある場合は空港がそのエアラインと密接に連携して能力改善を目指すそうです。
 ヒースロー路線は概して強い競争力があり、上級の運賃を支払う多くの旅客を引きつけるので、エアラインは最新型の音の最も静かな航空機をヒースロー路線に投入する傾向があるそうです。分析によればエアラインが国際線で運航する機材の中でも平均して約15%音が静かな機材がヒースロー路線では使われているそうです。
 2016年第3四半期のFly quiet番付表に関する記事がgreenaironline.comに掲載されましたので、ご参考までに翻訳を掲載します。

画像(320x147)・拡大画像(640x295)

ヒースローを使用する航空機の型式別騒音暴露レベル(SEL)の比較(「A quieter Heathrow, May 2013」より )

2016年11月21日月曜日−排出物が少なく音のより静かなボーイング787ドリームライナーとエアバスA350が多く運航されるようになり、空港の騒音実績が改善していると、公表したばかりの2016年第3四半期のFly Quiet番付表にヒースロー空港はコメントを書いている。カタール航空は先週、フィンエアーやエチオピア航空に続きヒースロー路線でA350を運航する3番目のエアラインとなり、エアバスの最新型機は計6機、毎日運航されることとなった。昨年運用開始されたA350の騒音フットプリントは先行モデルよりも約50%縮小していると言われており、ヒースローを利用するエアライン21社がこの機体を注文中である。ボーイング787の数は19%増え、着陸料による刺激政策に応えてヒースロー空港では、エアラインが最も音の静かな機材を運用することが増えているとヒースローはコメントしている。英国航空の短距離便が引き続き、騒音番付表のトップの座を維持している。
 新型機を導入せずともトップの座を維持する英国航空の場合は、A320の騒音抑制強化と地上での騒音に配慮した運航方式が最高の実績の理由となっているのだとヒースローはコメントしている。
 このエアラインは現在、ボーイング787によるヒースロー出発便を22便運航し、18機のA350-1000型機を注文中である。しかし、旧型のボーイング747-400型機を引き続き使用しているので長距離便の騒音ランクは15位から上がらない。747-400のヒースローでの着陸料は787の3倍を優に上回るが、英国航空は747を2020年頃まで運用する見込みである。
 英国航空の短距離便に3度目の敗北を喫したが、エア・リンガスとエティハド航空は長距離便運航ではトップの実績で、4位がエミレーツ航空となり、カンタス航空が5位に入った。特に称賛されたエアラインがシンガポール航空で、新型機に切り替えて運航性能が改善し、順位が21上がって19位に入った。
 Fly Quiet番付表は4半期毎に公表され、ヒースローでの運航便数が多い上位50のエアラインを6つの騒音指標で比較する。指標には航空機騒音効率、騒音証明、連続降下進入のような到着時の運航、出発時の経路順守運航と夜間の運航時間帯順守がある。
 「Fly Quietプログラムはエアラインの騒音実績の改善を支援し、最新型で音の静かな機材をヒースローで運航する動機付けとなり、空港が地域社会のよき近隣施設であるために一役買っている。」とヒースローのCEOであるジョン・ホランド・ケイ氏は語った。

リンク:
ヒースロー空港−Fly Quiet プログラム

関連資料:
「A quieter Heathrow, May 2013」:
http://www.heathrow.com/file_source/HeathrowNoise/Static/
a_quieter_heathrow_2013.pdf

Posted by aerc at 2017年02月06日(月) 09時00分   パーマリンク

Copyright (C) 2006-2013 Aviation Environment Research Center All rights reserved.
 
航空環境研究センター
〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-1 留園ビル5階
Tel. 03-6721-5271  Fax. 03-6721-5272

アクセスのご案内